HOME > 私たちにできること

私たちにできること

タナゴに代表されるため池など「里川」の生物多様性は、農業構造の変化や地域の混住化などを背景とした水環境管理の低下の影響により劣化しています。里川の生物多様性保全を進めるためには、これまで農家が行ってきた里川管理を、地域住民による新しい枠組みで再構築する必要があります。

生物多様性保全を行い、持続可能な社会を未来にのこすために、文理融合的な生態系保全プロジェクトを各地、様々なステークホルダーと行い、里川管理の新しい枠組みを立ち上げるレシピを開発・提案しています。

池干し

池干し

身近な生物多様性の保全・復元を行うために「魚類学会放流ガイドライン」に基づく在来生物の復元放流、ため池の「池干し」、外来種の駆除などの、具体的な里川管理活動を行っています。

詳しくはこちら

ビオトープ管理

ビオトープ

ビオトープに棲む生き物たちにとって棲みやすい状態を保つ管理をしています。 生息空間が遷移していくのを抑えるための池干しや草刈りのほか、 そこに棲む生き物の調査も行っています。

詳しくはこちら

生態学的調査・研究

生態学的調査・研究

絶滅危惧種の淡水魚「タナゴ」を中心に、里川の生物多様性保全の前提となる生態学的な調査・研究を行っています。

詳しくはこちら

社会科学的調査・研究

社会科学的調査・研究

地域の方々による里川管理を構築するため、まちづくり活動やふるさと活動に関する社会科学的な調査・研究を行っています。

詳しくはこちら

サステナブルデザイン業務

田光米





詳しくはこちら

ネットワーク構築

全国タナゴサミット

住民のみなさんや農業者の方、NPOや子どもたちなど地域の様々な方たちとの協働を通じた地域のネットワークや、全国の環境保全団体や研究者とのネットワークを広げ、里川の環境を広げる活動を行っています。

詳しくはこちら

環境教育

環境教育

「環境教育はふるさと教育」との観点から、地域の方々や子どもたちに、各種のブース出展や講演会、観察会や池干しなどのタナゴなど身近な生きものを通じた環境教育活動や、農業体験や料理教室も行っています。小学校への出張授業なども行っています。

詳しくはこちら

生物多様性保全農業

農業

野菜をつくりながら地域の食文化や希少種の生きものの保全活動などを通じ、ふるさとへの愛着を育てることを目的とした農園プロジェクトを進めています。生物多様性保全農園では地域の自然に触れ合うイベントを開催し、生物多様性保全を進めています。

詳しくはこちら

  • 池干し
  • ビオトープ管理
  • 生態学的調査・研究
  • 社会科学的調査・研究
  • サステナブルデザイン業務
  • ネットワーク構築
  • 環境教育
  • 生物多様性保全型農業

ページトップ